この秋、ベリールージュがあれば「今年顔」最旬“ショコラアイ”を大人レディに仕上げる1本探しましょう


“ど赤”じゃないから挑戦しやすい!こっくりルージュをベリーカラーで始めましょ♡

今シーズンのメイクといえば、赤み系のアイブロウやアイシャドウを使ったメイクや、カーキやボルドーなど秋色アイライナーを使ったメイクなど秋っぽメイクの流行が何パターンかありますが、いちばんのメイクトレンド入っても過言ではないのが“ショコラアイ”。
そう、ビターだったりスィートだったり…チョコレートのようなしっとり大人ブラウンアイ。

出典:https://maquia.hpplus.jp/

美容雑誌MAQUIAでは誌面でもONLINEでもこの特集が。毎回高い競争室を誇るルナソルのコフレのコンセプトであったのが火付け役です。

出典:http://www.kanebo-cosmetics.jp/

さて、そんなショコラアイですがこれに合わせるルージュはどうしましょう?美容ブロガーの筆者は、ベリーなお色を強く・アツくおすすめいたします!

春夏“シアー・キラキラ・軽め・健康的なお色”に傾くリップメイクが、これからまた秋冬に向けて“透けない・濃いめ・赤め・マットめ”にシフトしていきますね。
ですが、目元や眉に赤みやその他の色味のあるものを使っているとバランスを取るのが難しいのが秋冬のこっくり濃いめルージュ。もうお分かりですね!ですから、トレンドがベーシックな目元になった今季こそ、こっくりルージュを簡単に楽しむチャンスなのです♡

もちろん、ストロベリーのように真っ赤なルージュも組み合わせとしては合います。が、オフィスにも公園にも向かないですよね。
ここにあえて挑戦しても使用頻度を上げるのは難しいかと・・・。
そこでおすすめしたいのが、クランベリーのような渋みのある赤や、熟れたラズベリーのようにちょこっと紫がかって落ち着いた赤。ベリーカラー。
シアー・キラキラではなくとも、スーパーモデルのモードすぎる広告のようにインパクト大にならず自然に仕上げるには、少しツヤのあるものを選ぶと使いやすいです。ツヤ感は消したいと思えば指のはらでトントンすれば調節できますので。そんな思いでおすすめするのはこちらのルージュ2点。


イヴ・サンローラン ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ #ルージュヴィンテージ

グロスのようにみずみずしくつけられるサンローランのリキッドルージュ。1本でキマります。乾きにくく落ちにくいので、まめなお直しも不要。外出時はこれだけ持ち歩いておけばいつも美リップ。


出典:https://www.yslb.jp/

ローラメルシエ リップパルフェ クリーミィカラーバーム #チェリージュビリー

薄く伸ばしてもしっかりめ発色しますが、薄くつければ気持ち軽めに発色・しっかりつければ見たまま強く色がのるので調節がしやすいです。
軽くティッシュオフか指のはらでトントンしておくとモチも良いです。このルージュの薄く軽い付け心地の良さと、つける瞬間のとろけながら唇にのるような感覚が一度使うとやみつきに。

出典:http://www.lauramercier.co.jp/

もっと豊富なカラーから選びたいという方は、濃いめルージュのバリエーション豊富なM・A・CやANNA SUIもおすすめです。

これでもまだちょっと濃いかしら…という方は、濃いめのローズから挑戦してみると良いかもしれません。是非カウンターでお試ししながら、納得のいくベリールージュを1本getされてみてください。 Let’s enjoy ほろ甘秋メイク♡♡♡

About Author

MammaMia公式

日本最大級のママ系メディア「MammaMia」 ライフスタイル、ファッション、ビューティー、グルメ情報をお届けします。

http://mamma-mia.tokyo/

Related Posts