Let’s enjoy ママ友ライフ!ナイスルッキングな手土産をマスター


目指すは「涼しくなったら是非会いましょう」約束、全件制覇

暑い夏も終わり、これから秋冬にかけてはイベントも多く、今まさに気候も落ち着いてきて「もう少し涼しくなったら是非会いましょう」なんて言っていたママ友とのお約束もどんどん進んでいくころではないでしょうか!?
そんなママ友交流の深まる秋に頼れる、お呼ばれ上手なママ御用達の手土産スイーツを今のうちにおさらいしておきましょう。

※お店は都内で買えるものに限定しました。販売店舗や販売時間、限定数などは事前にお調べください。


For乳児ママ


ベイビーはスイーツを食べられないので、ママ友さんを主役に選んでみると良いかと思います。出産から数年以内であることも考えて、「おめでとう」「お疲れさま」「これからもがんばろうね」って気持ちをスィーツに込められたら素敵ですね♡
生花のようなお手入れは不要だけど花束のように華やかな、とことん見た目重視のスイーツを選んでみると喜ばれるのではないでしょうか。

パラディの花のババロア

 

ショップ情報はこちら>>


For男の子幼児ママ


自分で食べ始めるも、上手に食べるのは難しいお年頃。また手づかみも力加減が難しくて、手の中でぐちゃぐちゃに…となりやすい。そんなげ連れの僕のいるご家庭へは、櫛やピックで持って食べられるスィーツがおすすめです。
筆者も上の子がこのくらいの頃、素敵なママ友がこちらを手土産にくれて、食べさせやすくて本人も上手に食べられてご機嫌で、とっても嬉しかったのを覚えています!

ねんりん家のちいさなバームツリー


ショップ情報はこちら>>


For女の子幼児ママ


男の子幼児と同じ観点で、女の子幼児ママにも櫛やピックのスイーツをおすすめします。 (ケーキやプリンだと、食べさせるのもなかなか大仕事になるんですよね。) 折角なので、お嬢さんのいるご家庭だったら見た目もなるべくラブリーなものだとお嬢さんも一緒に喜ばれると思います。
ここでおすすめなのが、アメリカ発祥のケーキポップというチュッパチョップスのような棒に刺さった鈴カステラくらいのケーキなのですが、なかなか販売店がなく、これだと手作りになってしまいます。
お時間があったらいいのですが、やっぱり買いでなんとか!ということでしたら、手づかみでも崩れにくいマカロンが、見た目も女子全開で可愛さ満点♡

ラデュレのマカロン

ショップ情報はこちら>>

いかがでしたか?急なお誘いを逃さないためにも、使える情報・ストック買いなどのできる準備はしておくとイザという時にモノをいいますね。
先手必勝!これで急なお誘いも大丈夫。同じ苦労を経験しているママ友との集まり・語らいって“ママ疲れ”を吹き飛ばす絶好のチャンス!
是非参加したいですものね。BBQ、ホームパーティ、ピクニック、ランチ会…あなたの手帳の見開き月間予定が、照紅葉のように予定でいっぱいの華やかな1ページになりますうように。

About Author

HITOMI

アメリカ州立大学卒業後、結婚・出産を経て現在男児2人の子育てに奮闘中。結婚を機に愛煙家を卒業し、美容に目覚める。2012年度より美容雑誌MAQUIAの公式ブロガーとして活動中。趣味・特技はバレエ・ダンス。

http://ameblo.jp/bunbiryoudou