赤ちゃんと一緒に参加する結婚式!注意しておくべき5つのマナーとは?


大好きな人と永遠の愛で結ばれる一生に一度の晴れ舞台「結婚式」。

これから家族として歩んでいく2人を「おめでとう」と心から祝福する大イベントに招待されたら出来る限り参加したいものですよね。

でも、生まれて間もない赤ちゃんがいてどこにも預けることができない状況だったら・・・?今すぐ使える、結婚式に出席する時に気を付けたいマナーをまとめてみました♥


①赤ちゃんと結婚式に参加するタイミング

生後間もない赤ちゃんは抱っこすることができない上、免疫力が強くないため外に連れていくことは控えた方が賢明。首が座り始める3か月目あたりなら赤ちゃんの体調をみながら結婚式に参加するというママ意見も多いようですが、まずは自己判断せず、赤ちゃんを連れての参加が可能かどうか新郎新婦に相談するとスムーズです。

blue_eyes_cute_baby-wide
②式場に事前確認を入れて万全の準備を

結婚式に参加することが決定したら事前調査も必要!ベビーベッドや授乳室があるか式場に直接確認を。ベビーベッドが無い場合はベビーカーの準備も忘れずに用意して。ミルクが必要な場合はお湯がもらえるかどうか聞いておくと便利です♪

無題
③ママと赤ちゃん、お洋服選びのポイント

赤ちゃんを抱っこするのでシワにならず、汚れが目立ちにくいお洋服をセレクトしましょう♪赤ちゃんのお洋服も華やかにドレスアップして可愛く着飾りたいところですが、ホワイトカラーは避けるのが無難です。

1結婚式611
結婚式に参加する時にあると便利なモノ

・授乳用品(粉ミルク、哺乳瓶、水分補給)
・大きめと小さめのタオル、ブランケット
・ウェットティッシュ
・オムツ、着替え
・ビニール袋(使用済みオムツ入れ用)
・抱っこヒモ
・おしゃぶり
・普段使っている小さなおもちゃ(音が出ないもの)
・卵ボーロなど乳児用のお菓子
・ストロー付きマグ
・カトラリー(スプーン、フォーク)


④挙式や披露宴でのマナー

赤ちゃんがグズり始める気配がしたらすぐに退出できるように座る席は出入り口付近を選びましょう。母乳時期であればママの膝上でOKですが、離乳食時期であれば子供用の席を用意してもらえるように新郎新婦に伝えておくのがベター。


⑤ちょっとした気遣いで好感度アップ

赤ちゃんがいれば2次会に行くべきかどうかも迷うところ。でも参加がどうしてもできないということであれば、祝福の言葉と一緒に「2次会に参加できなくてごめんなさい」とメッセージを添えてプレゼントと一緒に贈ってみては?また、子供席や子供用の食事などイレギュラーで対応してもらう場合は事前に謝礼を現金書留や郵送で新郎新婦に送るのがマナー。5000円相当の現金、商品券、プレゼントを「お式を楽しみにしています」と一言添えるととってもスマート。祝福する側もされる側もハッピーな気持ちになれますよね♪

商品券

赤ちゃんと結婚式に参加するということは予想外の問題が発生することが本当にたくさんあります。自分を含めて皆が幸せになれる1日となれるよう、しっかりマナーを守って楽しんでくださいね♥

About Author

MammaMia公式

日本最大級のママ系メディア「MammaMia」 ライフスタイル、ファッション、ビューティー、グルメ情報をお届けします。

http://mamma-mia.tokyo/

Related Posts