斎藤工「マンガみたい……」、馬のサイズに大興奮


東京シティ競馬のイメージキャラクターを務める俳優の斎藤工が8月12日、大井競馬場に登場。11月1日(日)にオープンする新たなスタンドの名前を発表した。

「競走馬のサイズの馬なんですが、(これだけ大きいのは)初めてでわくわくします。マンガの『三国志』とか『北斗の拳』の世界ですよ」
そう笑顔で感想を語った斎藤工。この日は800キロ以上あるという大型の馬に乗って颯爽と登場。女性客から「タクミー!」「かっこいい」「キャー」と声援を受けると、笑顔で手を振るなどサービス精神も満点。その姿には、報道陣からも「王子様みたい」という感想が漏れるほどだった。

斎藤はイメージキャラクターに就任してからは馬券を買うようになったそうで、「この間は少額ですけど2回連続で当たりました」と笑顔で報告しつつ、「ルールやシステムが非常に興味深いですね。競馬に詳しい目利きができる人から情報を聞いたり、アドバイスをもらって学んでいます。まだ初級ですけど」と競馬の奥深さにハマっている様子。さらに競馬初心者に向け「気に入った数字を感覚的に選ぶと、レースへの感情移入が増すのでその感覚を楽しむのがいいですね」とアドバイス。

今回5,509通の応募の中から決まったスタンド名は「G-FRONT(ジーフロント)」。新スタンドはトラックのゴール前に設置された3階建ての施設で、その名前には“ドラマの生まれる場所=ゴール前”という意味がこめられている。

斎藤は「今日も女性の方やカップルがいて、今までの競馬場とはまた違う景色を実感しました。オープンは11月1日ですが、年末にかけてカップルや家族に向けたイベントもあると思うので、素敵な冬を過ごしてほしいです」と締めくくった。

<関連サイト>

G-FRONT

http://www.tokyocitykeiba.com/special_page/special_gfront/

斎藤工

http://www.saitoh-takumi.jp/

斎藤工「僕としてもすごく最高のタイミング」最新主演作『虎影』インタビュー

http://www.entameplex.com/archives/22162

■関連記事

斎藤工、「リアル鬼ごっこ」に一人二役で出演していた!? 高校生&初の老爺役に挑戦

斎藤工「僕としてもすごく最高のタイミング」最新主演作『虎影』インタビュー

剛力彩芽が斎藤工に“胸ドン!”続編が気になる新TVCMが27日より放映開始

About Author

EntamePlex

エンターテイメント情報発信ニュースメディア「Entame Plex(エンタメプレックス)」 最旬エンタメ情報はもちろん、性別・年代にとらわれずに、幅広い情報をお届けいたします!!

http://www.entameplex.com/

Related Posts