よく「噛む」と頭も良くなる!?食べない以外も気にして欲しい子供の食育


大切なのは栄養バランスだけじゃない! 子育てママに気にしてほしい「噛む」食事。その効果と実践ポイント

子どもたちの好きなメニューといえばカレーライス、オムライス、ハンバーグ、菓子パンなどが定番ですよね。もちろんどれも美味しいのだけれど、実は子ども たちの好きなメニューの多くに共通しているのは”柔らかくて食べやすい”こと。もちろんそれは子どもだけではありません。現代人は昔に比べて柔らかいものをよく食しており、一回の食事での咀嚼回数は戦前の半分ほどになっていると言われています。

戦前の食事は、純和風で、麦などの雑穀やいも類、根菜類、高野豆腐などの乾物がよく食べられていました。これらの食事はよく噛まないと消化できないので、昔の人はあごをよく動かしていたのです。戦前の食事時間の平均は22分で、食べ終わるまでに1,420回噛んでいたそうです。

ところが現代では、欧米文化の柔らかくて美味しい食べ物が好まれており、食事時間の平均は11分で、噛む回数は620回

子供の頃に、よく噛まなくても食べられる軟らかい食事や、よく噛まずに飲み物と一緒に飲み込むような食べ方ばかりをしていると、あごの骨の成長期にあごが十分に発達せずに小さくなってしまいます。小顔やシャープな顔の子供が多くなってきたのもこの為です。
小さなあごに大きな歯が生えるので、歯が並ぶだけの十分なスペースがなく前後にデコボコとした歯並びになってしまったり、虫歯、発音障害の原因にもなりかねないのです。

bdy_img_1030_01
出典:マルコメ

【噛むことの効果とは】

1.病気の予防になる

たくさん噛むとだ液が多く分泌されます。このだ液、実はすごい働きをしているのです。 食べ物を分解する酵素が含まれているのはもちろん、免疫力を高めたり、口腔内を殺菌する成分が含まれており、噛むだけで病気の予防に繋がります。 だ液は食べ物に含まれる発ガン性物質を発生させる活性酸素を無毒化する、ということもわかっており、ガンの予防にも効果があると言われています。
また、硬い食べ物は食物繊維も多く含まれていますので便秘の改善にも効果的です。

2.子どもの歯とあごの発達に不可欠

最近は歯並びの悪い子どもや、あごが極端に細い子どもが増えてきたと言われていますが、十分に咀嚼しない為、あごが発達しないことが原因と言われています。あごが小さくても、生えてくる歯の本数は決まっていますので、きちんと収まらず、歯並びが悪くなってしまうのです。歯並びが悪ければますます噛めなくなり、あごの力が育ちません。あごが正常に働かないと顔や頭が歪んでしまう原因にもなります。

3.ホルモン分泌や脳の活性も

食事中の咀嚼やだ液が出ることによって、脳が活発に働き、一種の成長ホルモンの分泌が促されることもわかっています。このホルモンは皮膚や歯、髪などを成長させたり、胃腸の粘膜や血管を再生するホルモンです。特に子どもの成長期にはしっかりと分泌させたい大切なホルモンですね。

photo001_00-740x491

【もっと子どもに噛んで食べてもらうには】

子どもに「よく噛んで食べなさい!」といっても、なかなか実践できないもの。必然的に噛まなくてはいけない食事メニューにしてしまうのが手っ取りばやいポイントです。

1.具を大きく切る

煮物やカレーなど、できるだけ食材は大きく切るようにすれば、その分噛みごたえもアップ。自然とたくさん噛むようになります。圧力鍋で調理すれば具が大きくても、短い時間でしっかり中まで火が通りますので、忙しい共働きママにおすすめです。

2.できるだけ手作りの和食中心で

和食は魚や野菜、豆などが中心でよく噛まないと食べられないものが多いので、できるだけ和食中心の食卓にしたいですね。白米に雑穀や玄米小豆を混ぜるだけでも咀嚼回数や栄養価もアップします。どうしてもレトルト食品になってしまう時には、キャベツの千切りや、サラダだけでも手作りすることで野菜も沢山とれますね。

3.一人で食べさせない

一人で食べているとどうしても早食いになり、好きなものしか食べない傾向にあります。出来る限り家族で食べるようにしましょう。また、何かしながらの”ながら食べ”も早食いや、よく噛まず食べてしまうので注意が必要です。

大人も子どもも、よく噛んで食べることがとても大切ということがわかりましたね。子どもはとくに、癖が一度ついてしまうと直すのが難しいです。離乳食の段階から気を付けて、よく噛む習慣を身に付けていきましょう!

About Author

ざいまり

Malinoオーナー 美容家 エステティシャン暦10年以上、施術者数約2万人という豊富な技術と知識でお客様の結果にこだわり、自らの-10Kgダイエット経験から無理なく楽しい体質改善と、維持できる体と心づくりのスペシャリスト。 現在、サロンワークの傍ら美容セミナーやコラム執筆をメインに活動中。

http://malino-hbr.com

Related Posts