育児に自転車はマスト!6月から始まった道路交通法改正から再度ルールをチェック!


2015年6月1日から道路交通法が改正されましたね。お子さまのいらっしゃる家庭では、自転車移動が多いかたもいらっしゃるのでは?

どういう内容になっているのかご紹介します。

後で後悔しないためにも再度ルールをチェックしましょう!

 

一時停止

一時停止車の一時停止同様、自転車にも一時停止をする義務があります。右折、直進での一時停止の方法が詳しくこちらのサイトに掲載されています。 チェックしましょう!

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/bicycle/rule.htm

 

携帯電話の使用

危険とはわかっていながら、携帯を見ながら自転車を乗っている人を多く見かけます。携帯電話の画面をみながらだと、注意力が散漫します。自分だけでなく、自動車に気づかない、歩行者に気づかないということもありえるので、気をつけましょう。

 

信号無視

6月1日から自転車の信号無視も危険行為とみなされるようです。いける!とおもって急ぐのではなく、自動車の信号が変わっていたら焦らず止まるようにしましょう。

 

歩行者用道路でスピード運転

自転車専用道路も増えてきてはいますが、まだまだ歩行者用道路を走ることも多いですよね。その際にはスピードをだして走るのではなく、歩行者の方に迷惑にならないように徐行して走るようにしましょう。

 

幼児用座席は必須

たまに抱っこ紐をつけて子供を自転車に乗せているママを見かけますが、危険です。必ず幼児用座席を使って運転するようにしましょう。久しぶりに使うと急に破損することもあります。乗る前のチェックは必ずしましょう。

 

自転車も標識に注意

自動車だけの標識ではありません、自転車も守らなければいけません。 一方通行の標識、車両通行止め等あまり気にしていなかった方もこれからは必ず守るようにしましょう。

自転車は軽車両扱いになり、違反すると罰則が科せられる場合があります。 自転車は特に免許は必要ないですが、違反すると悪質自転車運転者として、講習の受講をしなければいけなくなったり、罰金が課せられたりするようです。

快適に移動するためにも、子供のためにも安全運転を心がけたいですね。

About Author

MammaMia公式

日本最大級のママ系メディア「MammaMia」 ライフスタイル、ファッション、ビューティー、グルメ情報をお届けします。

http://mamma-mia.tokyo/