カット野菜、冷凍野菜、の栄養って本当はどうなの?


カット野菜、冷凍野菜、の栄養って本当はどうなの?

毎日の食事でなるべく多く摂取したい野菜。最近はスーパーやコンビニなどで販売されるカット野菜や、冷凍野菜の種類も増えてきましたね。ひとり暮らしの時は、カボチャやブロッコリーのカット冷凍野菜をお弁当の保冷剤代わりにしたり、非常にお世話になっていました。

便利なカット野菜ですが、生野菜と比べて栄養価が低いのでは?など疑問に思うことも多いはず。カット野菜や冷凍野菜は、洗ったり、包丁で切ったりする手間が省けるので非常に便利です。生野菜との大きな違いは、店頭に並ぶまでに洗浄・加熱・食中毒予防などの加工処理を通して手を加えられることです。


カット生野菜

野菜の中に豊富に含まれている、ビタミンC、B群、カリウムなどは、水に溶けやすく熱に弱い性質があるので、洗浄などの加工過程で栄養が流出してしまう可能性があります。特にビタミンCは皮や葉の部分に多く含まれているので、細かく切った葉野菜からの損失が大きいと言われています。脂溶性のビタミンA、D、E、Kは水に溶けにくいので残ります。家庭でも洗浄すれば栄養素は流出するのですが、カット野菜は洗浄の過程が多いため、水溶性ビタミンの損失は多いと考えらえます。またカット野菜は野菜を切った後、次亜塩素酸ナトリウムという消毒液に漬けます。これは生で食べる野菜による食中毒を予防するために必要な操作です。その方法は安全性にも配慮され基準がつくられているものであり、身体への影響を心配する必要はありませんが、野菜本来の香りや味は薄くなります。

closfo1012031003
冷凍カット野菜

加熱後、急速冷凍処理をしているのが特徴です。そのため、熱に弱いビタミンB群や野菜に含まれる酵素などが減少する可能性があります。ただ、冷凍野菜は旬の時期に収穫されるものが多いため、元々の栄養価が高いのが良いところでもあります。冷凍野菜は、生野菜に比べて長期間保存がききますが、あまりにも長くなると風味も栄養価も落ちてしまいますので、1~2ヶ月以内に食べきるようにしましょう。

野菜によってはむしろ栄養価や旨みがアップするものもあります。小松菜やホウレン草のビタミンCは冷凍した方がアップします。キノコも冷凍することで旨み成分が3倍になり美味しくなります。

m_10000
※裏ワザ

野菜を大量に買ってしまった時や、もらったけど食べきれない時に、冷凍野菜にしてストックしておくご家庭も多いと思います。ホウレン草、キノコ、小口切り長ネギ、トマト(丸ごと冷凍してスープやトマトソースに使用)、セロリの葉、我が家では常にストックしているアイテムです。

以外と便利なのが「大根おろし」!1本買っちゃったけど使い切るのが大変な大根も、「大根おろし」にして冷凍ストックしておくと、ちょっと使いたいお魚を焼いた時などに非常に便利です。1人分ずつ冷凍しておき、自然解凍して水気を絞れば、味は少し落ちますがいつでも1人分の大根おろしが食べられます。同様に「おろし生姜」「千切り生姜」もストックしておき、スープや紅茶に入れたり、煮物のにちょっと入れたりと重宝してます。

img_2o-syouga1

野菜を最も栄養価の高い状態で食べるには、旬の獲れたての野菜をそのまま食べることです。ただ、忙しい日常生活の中で、野菜を一から調理する時間が取れないのも事実。カット野菜は生野菜に比べて劣る栄養素もありますが、忙しく食事にかける時間の少ない場合は上手に利用して野菜不足解消に役立てたいですね。

About Author

ざいまり

Malinoオーナー 美容家 エステティシャン暦10年以上、施術者数約2万人という豊富な技術と知識でお客様の結果にこだわり、自らの-10Kgダイエット経験から無理なく楽しい体質改善と、維持できる体と心づくりのスペシャリスト。 現在、サロンワークの傍ら美容セミナーやコラム執筆をメインに活動中。

http://malino-hbr.com

Related Posts