高速スキンケアでわが子と同じ赤ちゃん肌に♡♡♡


子育て中もちゃんとスキンケアしなきゃと疲弊してしまっているママ。スキンケアなんてできない!と放棄してしまっているママ。お気持ちとっても分かります。
日々施術している中で、妊娠出産期や子育て期に、シミや肝斑、たるみといった肌トラブルが生じやすいと感じています。 多くはスキンケアが不十分であることも関係しています。

・ホルモンの変動で肌質が不安定になる
・子供と一緒だと紫外線の影響から逃れることができない
・子育てに追われて自分自身のスキンケアに時間をかけることができない

こうした理由で、やらなきゃいけないと分かってはいてもスキンケアは面倒ですよね。ですが、この時期のケアがいつまでも若く綺麗なママでいられるか、実年齢以上に見えてしまうママになるかの別れ道になるのです。
あれもこれも塗らなきゃいけないと思うと、スキンケアは億劫ですが、実は基本だけおさえておけばいつまでも綺麗な肌を保つことができるのです。

 
 ■健康な肌を保つ為の基本

1 クレンジング(ミルクorジェルタイプ)+洗顔(こすらない)

2 化粧水+乳液またはクリーム(オールインワンでもよい)

3 日焼け止め(一年中)

これだけで健康な肌は維持できます。
健康な肌とは、潤い、滑らか、張り、弾力、血行、つや、の状態が良いことを言います。「うなはだけつ」です。お客様に基礎化粧品の使用料もアドバイスしていますが、その1回量にほとんどの方が驚かれます。商品は高いものじゃなくてもいいので、こんなに使っていいのかな、と思うくらいたっぷり使って下さいね。

そして最後になにより、肌と同じ温度の水で洗うことと、絶対に擦らないこと! ほとんどの方に摩擦による炎症、くすみがあります。

洗顔はよく泡立てて、泡で吸着するようにおさえるだけでも毛穴の汚れはとれます。 肌に手があたらないくらいの泡でしっかり洗いましょう。 タオルも肌に当てて水分を吸着させましょう。

洗顔
出典:munoage

この時期のスキンケアで将来の老化に差が付きます。寝かしつけで一緒に寝てしまう前に、基本のスキンケアを日々「高速」で実行しているお客様はやはりお肌がぷっくりしています。 高速のコツは、たくさん量を使うことですよ♪

About Author

ざいまり

Malinoオーナー 美容家 エステティシャン暦10年以上、施術者数約2万人という豊富な技術と知識でお客様の結果にこだわり、自らの-10Kgダイエット経験から無理なく楽しい体質改善と、維持できる体と心づくりのスペシャリスト。 現在、サロンワークの傍ら美容セミナーやコラム執筆をメインに活動中。

http://malino-hbr.com

Related Posts